SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< 地球とヒトを思いやるエコ商品 | main | 息子が生まれた国を存続させるために >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
カリフォルニアのエコ事情
今日は一時帰国しているシリコンバレー在住の友人に会ったので
カリフォルニアの環境に関する意識をいろいろ聞いてみました。

環境教育がされているからか、環境に関する意識は高い様子。
ただし、意識の格差もあるようで、これは日本も同じかな、と思いました。
興味深かったのは、アメリカ人はまず、「食に関するオーガニック志向」から
入っていっているようで、アメリカ人の健康に関する高い意識がオーガニックなどの
食事改善やヨガにつながり、いわゆるLOHASにつながり、結果環境問題にも
つながっていっているのではないかと分析してみました。

これでいうとまず地球を思いやる、ということよりも、自分や家族の健康を
思いやることからスタートしている
ようですね。
でも、それによってこの問題を自分の生活や意識におとしこめているからこそ、
長く意識が保て、「サステナビリティ(持続可能性)」という言葉が
うまれているのではないかと思います。

つまり日本のような「環境のために自分はガマン」という考えではないところが
大きな違いではないかな。

ちょっと大胆な仮説かしら(笑)

お国事情は違うけれど、「環境問題を自分の問題とする」というところに
今日の教訓があるように思いました。

いやいや勉強になったよ、ありがとう♪

   【関連ページ】
    ☆ エコ商品の始め方・選び方
    ☆ 地球とヒトを思いやるエコ商品

JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 環境問題を考える | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 23:22 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/97
トラックバック