SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< ガソリン値下げは環境悪? | main | マイカップ・マイボトルではじめましょう♪ >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
「コーラと食事」・・・これでいいのか?
「2007年の国内清涼飲料市場が、猛暑の影響などで前年比4%増の16億5500万ケースとなり、2年ぶりに前年を上回ったことが24日、サントリーのまとめた市場推計で分かった。炭酸飲料は、日本コカ・コーラと「ペプシ」ブランドのサントリーが、カロリーゼロのコーラ飲料を投入し、激しい“ゼロ戦争”を繰り広げたことが、市場の活性化につながった。
(中略)
同社(日本コカ・コーラ)は「月に1回コーラを飲む人口を増やすことを目標」(秋山徹郎・TMグループマネジャー)に、約400万人の無飲層を獲得したという。」
(2008/1/25Yahoo!ニュースより引用)

確かにカロリーゼロは魅力的で、それまでカロリーを気にして飲まなかった人たちの心を釘付けにしたのかな。「約400万人の無飲層」というのもよくわからないが、マーケットを広げたのは確かでしょう。

しかし、次が問題です。

「08年についても、日本コカは「コーラと食事」をテーマに日清食品やキューピーなどの食品メーカーとのコラボキャンペーンを展開。」


ちょっとまて。「コーラと食事」ってなんなんでしょう?!
先にいった月に1回コーラを飲む人口っていうのは、まだわかります。
しかし、「コーラと食事」なんて、日本の食生活の崩壊を促すキャンペーンはどうなのでしょう?ちょっと調子にのってませんか?
そんなキーワードを平然と言ってしまう日本コカコーラが怖いです。

マックで朝食を!キャンペーンと同類なのかな、と冷静に分析してみましたが、
日本の食生活の崩壊は利益追求企業に振り回されてしまっているように思われます。

子を持つ母親として、やっぱりこんな情報や企業に惑わされず、正しい日本の食文化を伝えられるように努力したいです。

・・実は今日息子のインフルエンザがうつって熱でふらふらですが、この記事のショッキングさに「言わずにはいられない〜」とよくわからない正義感から投稿しちゃいました(苦笑)

  【関連ページ】
   ☆ 食の安全はママが守る
   ☆フードマイレージ
   ☆ 土を守るということ
JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 家庭でできること | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 23:50 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/80
トラックバック