SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< “エコ偽装”が始まった・・・ | main | 「コーラと食事」・・・これでいいのか? >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
ガソリン値下げは環境悪?
ガソリン税の暫定税率について、議論が交わされています。
この暫定税率とやらが廃止されれば、1リットルあたり約25円も下がるということで、これはやっぱり見逃せない!と思っていましたが、自民党からこのような声があがりました。

政府は18日、道路特定財源であるガソリン税(揮発油税、地方道路税)と軽油引取税の暫定税率が廃止された場合、自動車の利用が増えるため、二酸化炭素(CO2)排出量が年2400万トン増加するとの試算を明らかにした。国内排出量の1.9%に相当する。
 政府はこのデータを基に「暫定税率の撤廃は地球温暖化防止に逆行する」と訴え、税率維持の理解を求めていく構えだ。(
1/18 時事通信社記事より)

世界的な原油高で世界中が天然資源エネルギーの開発を急いだり、脱石油社会を進めているが、日本はCO2排出の高い石炭資源の利用がふえているということで、
世界銀行により世界の温暖化政策の中で、先進国の中で最下位、世界の排出量上位70カ国の中でも61位と最低レベルにあるとの評価をうけました。(→(1/19)日本の温暖化対策、先進国で最低――世界銀行が評価
昨年も地球温暖化対策においてNPOから化石賞を受賞したりとすっかり環境後進国のイメージが定着する日本がここでまたガソリンを安くして「利用を推奨」すれば間違いなく世界的に大ひんしゅくをかうと思われますね。

洞爺湖サミットを開催する国がそんな地球温暖化を助長させるような政策をできるわけがないという某大臣のコメント、そのまま支持します!

国民も今はガソリンや軽油が高くなり、車を控えたり湯たんぽなどエネルギーに頼らない冬のすごし方を考えたりとようやく「エネルギー依存社会」からの脱却を模索し始めたような気がします。
痛いレッスン料ですが、地球のため!です。これを機会にもっともっと地球にやさしいすごし方を考えたいですね。

   【関連ページ】
    ☆ 地球とヒトにやさしい冬のすごし方 
    ☆ エネルギーを節約するということ
    ☆ エコ商品の始め方・選び方

JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 環境問題を考える | 01:26 | comments(4) | trackbacks(1) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 01:26 | - | - |
コメント
「お役人様の出してくる数字は自分達に好都合なものばかり集めた根拠の乏しいもの」
って事を年金問題で国民は学習しました。

仮にガソリン価格を下げない場合を考えても、森林を貫いて次々高速道路通すならCO2は増えますよね。
| mic | 2008/01/24 5:05 PM |
今晩は。
この政府の試算、試算の詳細がどこを調べても見つからないのが不思議なのですが、もう一つ、意図的なのかどうか重要な数字が示されていません。
それは、現在の自動車による二酸化炭素の排出量です。
色々な立場で議論をすることは大切なことですが、ちゃんとしたデータに基づかなければ何の意味もありません。
この問題、私のブログで考察していますので、よろしければご覧ください。
| ミスター・スコップ | 2008/01/25 12:25 AM |
コメントありがとうございます。

>mic様

確かに道路を作れば、森林破壊、工事の際の運送負荷、突き詰めると車社会の推奨・・とその環境影響も問題です。
ガソリン価格据え置きの代償であるなら、国会でもその点を検証・議論してほしいですね。

>ミスター・スコップ様
ブログ拝見させていただきました。非常に素晴らしい数字検証感服いたしました。
確かに最終的な数字・論理合わせ的な感覚が残りますね。
最近は「地球温暖化」というキーワードが免罪符のようにつかわれている傾向があるので、国民も踊らされないように気をつけないとですね。

**
と、踊らされているのかもしれませんが、やっぱりガソリンが安くなってしまうと車の走行距離は増えるのは明らかでしょう。今はガソリン価格の高騰により自転車や公共交通機関へのシフトが見直されているところにあると思います。
家庭だけではなく、企業でも営業車の使い方や運送会社でさえも運送距離の短縮化を図っています。
人間は悲しいかな経済的な影響力(値上げ・値下げ)からだとすぐに行動にうつせるので、今回のガソリン価格の高騰、今日発表された電気・ガス料金の値上げは、自分たちの生活を見直す大きなきっかけになると思います。

そういう概念的な観点から「ガソリン値下げに」反対しました。
コメントありがとうございました。
| &eco | 2008/01/25 11:23 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2008/02/03 2:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/79
トラックバック
ガソリン税は下げたって二酸化炭素排出量は減りますよ
ガソリン税って何に使われているでしょう。道路特定財源っていって大体は道路をつくるのに使われます。基本的には。じゃあ道路を作るのに、何がいるのか。材料を運搬するトラック、道路を作る重機、その他もろもろ。それらあは何を排出しているでしょう。大量の二酸化炭
| 勝手に解説 勝手に解決 | 2008/01/25 1:11 AM |