SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< ブログエントリーでエコアクション!【グリムス】 | main | エコプロダクツ展にいってきました >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
カーボンオフセット年賀はがきを考える
そろそろ年賀状の準備をはじめていますか?
我が家も少なからずの年賀はがきをだすので、現在悩んでいます。
以前「カーボンオフセットを考えるその2」で年賀はがきによるCO2削減量を検証しましたが、
もともと排出権とかがあまり好きではないですし、どうしても納得できないところがあり、私としてはいまひとつ乗り気にはなれず、かといって環境おたくとしてはほっとけず、困っているところです。

もともとカーボンオフセットというのは排出したCO2を「相殺」するために
相当額をエネルギー事業などの地球温暖化関連プロジェクトに寄付をするというのが
定義であり、例えば、飛行機にのったらその排出分を寄付するという
非常にわかりやすいものなのです。

しかし、この「カーボンオフセット年賀はがき」ははがきをだすことによる
「はがきの製造→郵便局までの運搬→郵送」といった一連のはがき生産・消費行動の
二酸化炭素の排出量とは全く無関係で、1枚当たり5円を関連事業に寄付するといった
いわば「寄付金つき年賀はがき」なんですよね。

それを「カーボンオフセット」と呼んで良いのか?私もやっぱり納得がいかないんですよねぇ。単純に「地球温暖化対策基金寄付はがき」にすればよかったのではないでしょうかね?これによって今後活発になるといわれている「カーボンオフセット」活動が間違った定義になってしまうのでは、と危惧しています。

ともあれ、これによって地球温暖化対策の啓蒙活動になるのであれば、良いと思うのですが、なんか今ひとつ宣伝もされていないような・・・
「年賀状は贈り物」というキャッチコピーもありふれているし、
せっかく画期的な試み(カーボンオフセット年賀)をするのなら、もっと「年賀状は未来へのおもいやり」とか
なんか地球温暖化に関連あるコピー使えばよいのに〜とまたまた余計なおせっかい(笑)

とぐずぐず考えているうちに決定打が・・
このカーボンオフセット年賀はインクジェット用紙ではなく「再生紙」のみだそうです。
子供がいる家庭としては画質にもこだわりたいので・・・
やはり普通の年賀にしちゃうかも。。。

環境ブログ・サイト運営人としては・・非国民なのでしょうか・・・・

  【関連ページ】
   ☆ カーボンオフセットを考える その1
   ☆ カーボンオフセットを考える その2   
   ☆ 冬の省エネグッズ(エネルギーに頼らない寒さ対策)


JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 環境問題を考える | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 00:23 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/62
トラックバック