SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< 森林を増やすということ | main | CO2排出の犯人を捜せ! >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
看板はまぶしいのがお好き?
地球温暖化だぁ、省エネだぁ、と叫ばれているこのご時世で
そんなこととは無関係に光り輝いているものが一つあります。

・・・そう、それは看板です。

地下道や駅でみかける広告には主に二種類あって、

「紙のポスター」と「アクリル製?かなにかで中から蛍光灯?で照らしている物」

後者は常に電力が必要とされ、まぶしくまぶしく光っています。
よくよく回りをみると、後者の「まぶしい看板」はいたるところにあり、
鉄道の駅構内の案内、道表示など、ご丁寧に昼間も明るくなっています。

はい、これは必要でしょうか?

屋外で夜だけ照らされるのは仕方ないかもしれませんが、
地下道で、「*番線」とか「**方面」とかの案内表示やポスターまで
電気で明るくする必要があるでしょうか???

お年寄りや目の悪い人には見やすいのかもしれません。
しかし、海外ではこういった表示ってほとんどみたことがなかったような気がしますが、
不自由さを訴えている人はいるのでしょうか?

表示は仕方ないにしても、ポスターはどうなのでしょう?
季節的に変更されれば、処分されるのでしょうが、
燃えない素材であれば、全国でどれだけの廃棄物がでているのでしょうか?

エネルギーが無尽蔵にあるのであれば、別にいいでしょう。
でも、限りアル資源なのであれば、ちょっと考慮して欲しいものです。

紙のポスターとまぶしい看板、見比べてもそれほど広告的に
大差はないと思われます。素人ですが・・

オフィスビルのCO2排出量の増加が問題となっている中、
こうした点も見直してみて欲しいと切に思います。

丸の内の地下道のトイレ。蛍光灯の白い照明がまぶしすぎますよ!

  【関連ページ】 
   ☆ イルミネーションに憂鬱   
   ☆ エネルギーを節約する
   ☆ 地球とヒトにやさしい冬のすごしかた   
   ☆ 冬の省エネ対策 エコ商品と環境評価
JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 環境問題を考える | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 11:57 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/54
トラックバック