SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< 環境にやさしいトイレ?!?! | main | エコ気づきの連鎖 >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
子供の体力低下は親のせい?
廃人工学」っていう言葉に出会いました。
今読んでいる本の著者が名づけたようなのですが・・

「どんなに科学が発達しても人間の体は動物である。動かさないと鈍っていく。
筋肉が衰えるだけけではなく、細菌にも弱くなる。(中略)
現代の自動車やエスカレーターは人間の移動を容易にするが、
同時に人間から運動を奪い、健康体ではなくしていく。」

「最近はパソコンやインターネットが発達してきた。(中略)
人間の頭脳は活動が低下するので、感動したり深く考える喜びが徐々に
得られなくなっていいく。」

(「環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))」より抜粋)


そうです、最近では何でも自動化されています。
車の窓も昔はくるくるやっていたのに、今はボタン一つで開閉できる。
手を洗うのも蛇口をひねる(→この言葉も死語になっていくのか・・・?)ことがない。
おまけにトイレのフタも自動に開く(笑)

体力低下が叫ばれているが、これは文明に頼りすぎたツケなのでしょう。
冷暖房もしかり、常にコントロールされているところにいると、
体内調節が鈍っていき、「寒い」「暑い」という感覚がなくなってしまいますよね。

体力だけではなく、知力も低下しているのでしょうか?
確かに漢字書けなくなりました・・ 計算もコンピュータまかせ、

「廃人工学」という言葉と出会って愕然としました。

自分はもう大人だから判断できるけれど、
子供たちは大人の指示通りにやるわけだから、親が気をつけないといけない。
自分の子供たちが心身共に健康でいて欲しいと思えば、
寒いからと暖房をつけすぎたり、車の移動に頼ったりしないようにしたいですね。

それからデジタルな世界になっているからこそ、
外でカラダを動かしたり、絵を描いたり、絵本や紙芝居を読んだり、
できるだけアナログなことをさせてあげたいな、と思います。

【おまけ】
保育園の先生から聞きました。子供の脳では小学3年生くらいでようやく
「現実」と「仮想」の世界が区別できるようになるそうです。
そのときまではコンピュータゲームはお預けしてほしいとのことです。

「そんなのうその世界よ」という
大人の常識は子供の常識ではないことをしっかり親として理解しておきたいものです。

ちょっと環境からづれちゃったかしらね。
無理やりこじつけるなら、
文明に頼るな→エネルギー節約っていうところでしょうか(笑)

  【関連ページ】
   ☆ 食の安全はママが守る
   ☆ ガソリンが高い!エコドライブしよう
   ☆ エネルギーを節約する

JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 親としてできること | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 05:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/50
トラックバック