SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< マイ箸ブラ?!?! | main | 環境にやさしいトイレ?!?! >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
排出権という名のビジネス
(11/10)排出権の国際移転、国際登録システムが稼働
国連が認めた温暖化ガスを排出できる権利(排出権)を各国に移転する国際的なシステムが、今月中旬に稼働する見通しとなった。まず日本と接続し、日本企業などが取得した排出権が日本の登録簿に明記される。排出権の売買が活発になることが予想され、経済産業省は価格算定など取引ルールの整備に乗り出す。

日経エコロミーより引用、11/10日経新聞朝刊記事)

また、排出権取引です。京都議定書の約束が守れないと判断した国が
焦ってあがいているということです。その代表国としてわれらが日本が
選ばれちゃいました・・

金融商品取引法の施行で銀行や保険会社が子会社を通じて排出権売買の仲介をすることが可能になり、排出権市場は拡大するとみられる・・・」(11/10日経新聞より引用)

排出権って「金融商品」なんでしょうか。どうして、それをもとに
銀行や保険会社が利益をとらないといけないのでしょうか?

排出権「市場」という言い方も、気に入りません。
まさに地球温暖化・環境問題に便乗しているビジネスの典型ですね。

この排出権、っていうのは、結局点数がたりない人が、他の人たちが
努力して稼いだ点数をお金で売って貰う、っていう
なんとも裏口入学的な概念ですよね。

その取引にかかる莫大な金額。

あ〜、たかだか体裁を整えるためにそんな金額を使うなんて・・・
日本がその分を購入するといったって、全世界的に見たら削減量はへっておらず、
全く地球温暖化に貢献していない、っていうことは、誰の目からみても
明らかなのに・・・・

この予算や金額を運送トラックや商業車・タクシーをすべてハイブリッド
(もしくは何かクリーンなエネルギーをつかうもの)に変えるとか、
古いエアコンをもっている家庭に新しいものを無償提供するとか、
今一番排出量が多いこととそれに対する解決策の実現性を検討し、
とにかく、国内の排出量をへらせる何かができないものなのでしょうか?

カーボンオフセットもしかり、この排出権もしかり、
自分ができないことをカネで解決しよう、っっていうなら、
そのお金をもっと有効利用できないか、考えて欲しい。

そう思うと、今年のカーボンオフセット付き年賀状も
気に入らなくなってしまいました・・

はがき生産にかかる資源とエネルギー、運搬時のエネルギーを考えると
もっと地球温暖化に対する有効策があるはず、とおもってしまいました。

いつもこの排出権ねたになるとどうしてもあつくなってしまう私でした。

誰か、気づいてください!!

  【関連ページ】
   ☆カーボンオフセットを考える ーその1−
   ☆カーボンオフセットを考えるーその2−日本の場合
   ☆ エネルギーを節約する

JUGEMテーマ:環境問題




人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 環境問題を考える | 00:11 | comments(0) | trackbacks(1) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 00:11 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/48
トラックバック
カーボンオフセット
カーボンオフセット プロフィール検索 動画検索 画像検索
| これ知ってる? | 2007/11/14 8:34 PM |