SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< エコ・リュクス!というスタイル | main | 合成洗剤よ、さようなら >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
ラップの選び方・使い方
いまや家庭では欠かせない「ラップ」。くるんでよし、フタにもなり、
時には美容パックにもなり(笑)あれほど便利なものはない!ですよね。

みなさんは、ラップをどのように捨てていますか?燃えるゴミ?燃えないゴミ?
何気なく燃えるゴミにいれている人が多いと思いますが、実はラップの焼却には
問題があるのです。

ラップには「塩素系(塩化ビニリデン)」「非塩素系(ポリエチレン)」の二つがありまして、「塩素系」のものだと焼却時に有害ガスやあの恐ろしいダイオキシンが発生することもあるということで、本来なら「燃えるゴミ」にはいれてはいけない部類に入るわけです。
最近ではダイオキシンが発生しないように高温で焼却するゴミ処理場が建設されていますが、「塩素系」はダイオキシンだけではなく、有害ガスやその他添加物も多く、
環境に影響が多いといわれています。

では、どうするか?

最近は「非塩素系(ポリエチレン)」のラップが多く販売されてきました。
生協はもちろん、マツモトキヨシのオリジナルも「ポリエチレン」ラップです。
ちなみにでは何が「塩素系(塩化ビニリデン)」か、というと、
最大手ラップの「サ○ンラップ」や「ク○ラップ」なんです。

確かに使い勝手でいうと塩化ビニリデン製のほうが、分厚く、しっかり密着する感じです。「質の良さ」を求めるがゆえに大手二社は今でも塩化ビニリデンラップを
製造するため、業界規制ができないといわれています。

しかし、いまではポリエチレンラップも使いやすさがかなり改良されてきて、
私はずっとポリエチレンラップですが、不便さを感じません。
さらに料金も今はほとんど同じか、オリジナル商品や中小メーカーが多いためか
大手よりも安くなってきています。

ラップを買う際にまずは裏の「成分表示」を見てみてください。
もしラップは燃えるゴミで捨てるのなら「ポリエチレン」製を探してみてください。

ほんの小さな選択が環境を守るという事になります。

・・・・もっともラップの使い捨ては「使い捨て文化」の象徴です。
ちょっとフタするくらい、プラスチックのフタをつかったり、野菜を包むにも
新聞やタッパーを使ったり、とラップの使い方そのものもみなおしてみることが
大切ですね。

【関連ページ】
  ☆ ゴミを減らすということ
  ☆ レジ袋、トレイ・・・などは「いりません!」
  ☆ 家庭でできることをもっと考える

 【PR】
 → Yahoo!ショッピングでおすすめのフタつきタッパーをみる


かわいいブタがレンジ料理を楽しくお手伝い!『ぶたチンピンク』
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 家庭でできること | 05:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 05:54 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/37
トラックバック