SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< 扇風機VS冷房の消費電力について | main | セブンイレブンからの1日あたりの食品ゴミの量 >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
アメリカでは「レジ袋追放!」
今日(8/27)日経新聞の夕刊に衝撃的な見出しをみつけた。

「米自治体「レジ袋追放」小売店の配布禁止」

日経エコロミーよりニュース記事引用)
【ロサンゼルス=猪瀬聖】米国全土で環境汚染につながる恐れのあるレジ袋の使用を禁じる自治体の動きが広がり始めた。カリフォルニア州サンフランシスコが11月、米都市で初めて小売店による配布を禁止。同州オークランドも来年から禁止する。オレゴン州やマサチューセッツ州でも同様の措置を検討中で、日欧に比べて遅れていた取り組みが自治体主導で一気に加速する可能性がある。
 サンフランシスコは今春にレジ袋禁止の条例を制定。レジ袋の配布を禁じる代わりに、布などで作られ繰り返し利用できる袋かリサイクル可能な紙袋、トウモロコシなど生分解性素材を使ったプラスチック袋などの提供を義務づける。


一定規模以上のスーパーとドラッグストアに適応され違反業者には罰金が課されるということ。

さらに日経新聞によると
アメリカは毎年1千億枚以上のレジ袋を消費する世界最大のレジ袋大国ということ。レジ袋は地球温暖化の一員となるだけではなく、野生動物が誤って食べて死んだりする事態を生んでいるという指摘も出ている。

「レジ袋有料化」なんかではなく、「追放」ですよ!
さすがアメリカ!とうなってしまいました。

この結果により日本でもますます規制が厳しくなるのでは、と期待してます。

エコバッグの環境評価はこちら。

コンパクトにたためるCAFE at Home エチェリショッピングバッグ


 → Amazon.co.jpでエコバッグをみる → Yahoo!ショッピングで今売れているエコバッグをみる
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 環境問題を考える | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 00:01 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/17
トラックバック