SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< 2009年のエコに対する抱負 | main | 手帳売り場で憤り >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
ゴミを捨てたその後は・・・
ゴミ箱や収集場所にゴミを捨てた後、どうやって処分されてるか考えたことありますか?

あるとき会社のトイレでお掃除のおばさんがゴミ箱のゴミを分別してました。

トイレに置いてある普通のゴミ箱。

ティッシュなど紙ゴミをはじめ、ハブラシ、ペットボトルなどあらゆるものがごちゃまぜ。これをおばさんは分別しないといけないそうです。

同じく給湯室の水道にある三角ごみ箱。コーヒーフィルターやティーパックと一緒にプラの袋を捨てる人いますが、おばさんはそれを一つ一つつまんで分別するのです。

何も考えずポイポイ捨てていましたが、不燃物などは別のところにある不燃ゴミ箱にいれればそんな分別作業は要らないですよね。

分別が本当に環境負荷が低いかどうかは別の議論として、分別が求められる今、「ま、いいか」というポイ捨ての陰に自分がやらなかったことをやる人がいるんです。

我が崇拝する環境ジャーナリスト枝廣淳子さんの著者「枝廣淳子の回収ルートをたどる旅
」ではペットボトル、乾電池、携帯電話など資源ゴミが回収されてから資源になるまでの工程を取材されてます。大変興味深く、非常に内容がよかったのですが、1番印象的だったのはまず最初の分別作業

例えばペットボトルでは汚れが酷いものをはじいたり、ラベルはがし、キャップはずしも全部作業員が行います。
吸い殻が入ったペットボトルや缶ではそのままリサイクルされないですよね〜


ゴミに限りませんが、何事も時は続いています。


片付けしないで去った後、落とし物を見てみぬフリして去った後。
きっと後のことまで視野を広げて思いやることができれば、自然に環境をも思いやることができるのでは、と思います。

本を読んで以来必ず缶やトレーも洗い、古紙回収に冊子をいれないよう徹底してます。

頭で理解し、落とし込めば行動が伴いますね
JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 家庭でできること | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 00:56 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/152
トラックバック