SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< ヒトの体は最高のゴミ処理場?! | main | ドラム式洗濯機買っちゃいました! >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
「弁当の日」で学ぶこと
日経エコロジーから面白い記事をみつけました。
統計によれば弁当などの「主食的調理食品」すなわち「中食」の消費金額が
1世帯あたり4万円を声、米の購入金額をしのぎ、コンビニでは売上の4分の1を弁当が
占めている(後略)」


確かにコンビニに行くとお弁当やおにぎりがずらり。
オフィス街だけではなく、家庭でも公園にコンビニのお弁当をもっていくことも
あるでしょう。
我が家もなるべく家で作っていくことにしているが、足りない部分やつい面倒で
コンビニにお世話になることもあります。

「いつの頃から家庭から弁当を作る習慣が消えたのか」

本当にそのとおりだなぁ、と痛感しました。

そんな中、この記事では月1回お弁当の日を実施した小学校のお話を紹介しています。
弁当の日」といっても母親がつくるのではなく、小学校5,6年生が自分で
献立をたて、食材を買い物し、お弁当を作るというのです。
もちろん前段階で必要な知識等は授業で教えたそうですが、子供たちは皆お弁当作りを
楽しんだそうです。

たかがお弁当ではあるが、作りながら「ご飯をいつもつくってくれる母親への尊敬の念」が芽生えたり、「自分で苦労して作り上げる喜び」を覚えたりと
精神的にもかなり得るものが多かったようです。
また親にしてみても「子供のたくましさ」や「食卓をとおして子供に愛情を伝える大切さ」に気づいたと書いています。

確かにたかがお弁当ですが、食の安全だ!環境だ!節約だ!という前に
家族のつながりを再確認できる大切なものなんだなぁ、と思いました。

  【関連ページ】
   ☆ 土を守るということ 
   ☆ 食の安全はママが守る
   ☆ 豊かになるエコライフ


JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 家庭でできること | 00:20 | comments(1) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 00:20 | - | - |
コメント
化学物質過敏症でTVに出たモスカルです。
住める家が見つからず、失明寸前です。
全国の皆様、どうか助けてください。

「モスカルのCS日記」
http://rararabit.blog5.fc2.com/
| mosukaru | 2008/05/22 7:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/102
トラックバック