SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
<< <環境意識>東京は「高いが行動せず」だって! | main | 「弁当の日」で学ぶこと >>
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
ヒトの体は最高のゴミ処理場?!
はて、何のことやら、と思いますよね。
食事を残すことと食べること。その先を見てみましょう。

食べる→体の中で処理→体外に排泄→下水処理
残す→ゴミとなる→ゴミ処理

さぁて、それぞれ利用されるエネルギーはどれだけ違うと思いますか?

 体の中で処理→エネルギーは体の中からでてくるもので特に石油関連エネルギーは不要
 下水処理→ 汚水を処理するためのエネルギーは必要

 ゴミ処理→ゴミの運搬、焼却に多大なるエネルギー要

その処理にかかるエネルギーの差は歴然としています。

また、お味噌汁や牛乳、飲み物などを下水に単純に流した場合
実はお味噌汁(例:ジャガイモ)一杯分を魚がすめる水質にするには、
なんとバスタブ(300リットル)4.7杯もの水が必要なんです。
牛乳一杯では11杯、マヨネーズ大さじ1杯では13杯です。
残した汁物や飲み物を処理するのには大変大きなエネルギーが
使われています。

つまり残り物をぽいっ&じゃーの前に食べたり飲んだりするという小さなことで実はかなりのエネルギーを節約できるのでした。

意地汚いわけではありません。堂々と地球のために残飯処理しましょう(笑)

そして、食べ物は残さず食べる!ということは
環境を思いやる大切な行為でもあるわけですね。


   【関連ページ】
     ☆ 水を守るエコ商品と環境評価     
     ☆ エコ洗剤     
     ☆ 有機野菜と無添加食品



JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| 家庭でできること | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト
人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | 23:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://and-eco.jugem.jp/trackback/101
トラックバック