SELECTED ENTRIES
BOOKMARKS
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SPONSORED LINKS
TRACK BACK
MOBILE
qrcode
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| - | | - | - |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
企業の意気込みそれぞれ〜エコプロダクツぁ
エコプロダクツ展では、約600社が出展していて、大手企業から小さいショップまで
それぞれが工夫をしていてとても興味深かったです。

特に大手企業ではそのエコプロダクツ展に対する意気込みっていうか、
「環境政策している!」というアピールを強くうちだすところVSなんとなく出ているところ、子供や消費者向きに訴えるところVS商業用ブースなどなど
差がありました。

中でも今回目立ったのは(自分が目に付いたのか)、製紙業界・木材業界と
リサイクル業界。
製紙会社は「木を切る→環境悪」というイメージを必死に変えようと(?)
森林経営をしていることや紙のリサイクルなど、とてもわかりやすく訴えていました。
以前うちのブログでも紹介した「森林認証」についても説明がされていました。

リサイクル業界は各種(容プラ、ペット、缶etc)団体がそれぞれのブースを
出していて、時間がなかったのでじっくりみられませんでしたが、本当は係員を質問攻めしたかったです・・・・かたっぱしから資料をとってきましたので
後日サイトで特集したいと思っています。

そんな中、私が質問攻めしたのは某容器製造メーカー二つ。
ジャムやヨーグルトの容器を紙とプラスチックに分別しやすいデザインをアピールしていました。
しかしかねてから容器プラスチックリサイクルにはかなり懐疑的な私としては、
いちいち分別できるものではなく、まるごと焼却できる容器にはなりませんか?
と聞いてみたところ、保存容器としては牛乳パックのように紙にプラスチックを
塗るということを考えられるが、ジャムなどの保存にはむかない。
ヨーグルトなどもまだまだ牛乳パック形式のプラスチック塗紙容器では
強度に問題がある、などのお話でした。
しかし、今後はプラスチックを植物由来のものにかえ、すべてを土に還るように
技術研究しています、という前向きな意見を頂きました。

しかし、一番活気があったなぁ、と感じたのはNPOブース。
各種NPO/NGOが小さいブースを密集してだしていたのですが、
こんなことの団体もあるのかぁ、と思うようなものばかりで
若い人も多く、日本も捨てたものではない、とふむふむうなづいていました(笑)

JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| エコプロダクツ展特集 | 05:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
イオンから学んだこと〜エコプロダクツ〜
先日のエコプロダクツ展の報告その3です。
記念講演のパネルディスカッションでプレゼンテーションして下さった
イオンの上山氏のお話を紹介したいと思います。

イオンはいわずと知れた流通業界の環境推進リーダー企業で、
全業種を併せても環境ブランド調査2007の環境ブランド指数ではトヨタ、ホンダに続く3位です。
そして大手スーパーで初めてレジ袋有料化に踏み切ったところとして有名でしょう。

2007年1月に京都市においてレジ袋無料配布中止を実施するときには、
相当な「根回し」がされていたようです。
イオンでは、環境問題というものを「グローバル」かつ「ローカル」なものである
という認識で、何事を起こすにも「地域の自治体が旗振りをする」ことが
重要だと考えているからです。

京都市では、最初にイオンと京都市市長、そして京都の環境関連市民団体との
協定書を結びました。これによって「マイバッグ等の持参やレジ袋有料化」ということが
1スーパーではなく市全体の運動となったようです。
市民は、市長が調印していることから、市報などでの呼びかけをうけ、
各市民団体からは様々な活動から呼びかけをうけ、
そしてイオンの店頭で呼びかけと説明をうけることにより、
つまり三方向から説得されることによってその活動の認知度、そして理解度を深めてくれたそうです。

この結果、マイバッグ持参率は24.8%→86.4%と上昇し、その後続いたレジ袋有料化店ではほとんどすべてが70〜85%になっています。

レジ袋を有料化する、という1スーパーの活動・決断を行政や市民団体など
まわりとコミュニケーションをとり、一斉にうねりをつくることによって成功したとおっしゃっていました。

納得し、共感をすれば協同活動をしてくれる」地域、地方自治体との連携が
環境改善活動の鍵を握るという言葉が大変印象的でした。

ステークホルダー(客・株主・取引先など関連する人々)それぞれとの掛け算で生み出すことも今後のキーポイントでしょうね。

今後のイオンの活動に注目していきたいと思います。

  【関連ページ】
   ☆ エコプロダクツ展にいってきました
   ☆ パネルディスカッションで思ったこと   
   ☆ マイバッグ・エコバッグの環境評価とエコ商品
JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| エコプロダクツ展特集 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
パネルディスカッションにて思ったこと
只今開催中のエコプロダクツ展
今日は参加した記念講演を拝聴し、感じたことをまとめます。

記念講演の後半ではパネルディスカッションがされ、
コーディネーターは私の憧れの枝廣淳子さん。
パネラーは、エコプロダクツ実行委員長であり東大教授の山本良一氏、
イオンの上山静一氏、京都精華大学で中小企業環境CSRなどをご専門の服部静絵氏、
アルピニストの野口健氏、と
非常に豪華な「幕の内弁当」パネラーでした。

それぞれの方がご自分の立場から現在の問題点、どういう状況なのか、そして今後どうすべきか、というお話をして下さり、得るものがたくさんありました。

【問題点】
◎ CO2というものは現状の排出量でいうと40%は植物等自然界にて吸収されているが、残りの60%は空気中に漂っている。そして、その20%は数千年間吸収されずそのままになる。つまり、今の生活が数千年にも渡り、影響をもたらすということに責任を持たないといけない

◎ CO2の増大といっても、日本人は生活の中で「リアルな体験」としてその影響を
 感じていない。そのため氷河がとけることにしても無関心であるが、先進国の排出した 二酸化炭素によって影響がおきていることは確かであり、「加害者意識」をどうやって もってもらえるのか?

【今後どうすべきか】
◎ 温暖化対策について一斉行動をとるという巨大潮流をつくりあげるべきである。
 現在は温暖化地獄の1丁目にいるが、今後2丁目3丁目ともう戻ることができないところ まで進む前に「宣戦布告」してたちむかっていかなくてはならない

◎ 環境問題を行動におこすには各方面の協力が必要。温暖化問題は「グローバル」かつ「ローカル」なものであり、自治体、地域市民団体、企業が連携してこそ大きな動きができる。

◎ ISOをとっている幼稚園の園児は家庭でも節約など実行している。子供達に環境教育を施し、啓蒙活動をしてくことが大切。これには企業と学校と地域社会のつながりが必要

◎ 今後は三つの点が重要である
  「意識啓発」「技術開発」「仕組みづくり」
 本当にやらなくてはいけないことは何なのか、究極のゴールをみせ、それにむかって
 立ち向かっていくことが必要である。

**
その他にも紹介したい事例がたくさんあります。
本当にこの講演を全国の人に聞かせたかったです。

やはり痛感したのは、コミュニケーションつながり
確かに温暖化問題、エコ問題については、認知度は高まってきているが
アクションの段階にきていません。

でもこれは「あったらいいな」のイベントやファッションとは異なり、「なくてはならないもの」を守るためのものなのです。

一つ一つ小さな一歩でも踏み出すことっていうのが何よりも重要。
できることをこつこつやっていきましょうね。

  【関連ページ】
   ☆ エコプロダクツ展にいってきました    
   ☆ 日本人のエコ意識とエコ活動
   ☆ 最初のエコ一歩   
   ☆ 地球とヒトにやさしい冬のすごし方

JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| エコプロダクツ展特集 | 04:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログを引っ越しました。過去記事は残しますが、
新しい記事はこちらです。
(ブックマークも変更よろしくお願いします。)
エコプロダクツ展にいってきました
今日から開催されたエコプロダクツ2007に張り切っていってきました!
9年目を迎えるそうですが、地球温暖化についての注目が急上昇している
今回は過去最大級のイベントとなっているようです。
今日は展示のほかに記念講演にも参加し、非常に有意義な一日となりましたので、
何回かにわけて報告させていただきます。

まずは全体の展示ブースについて。
東京ビッグサイトにいってびっくりしたのが、子供の多さ!
学校側が社会見学にしたのか、団体できている子供たちが多かったです。
小学生から中学生など、みんな一生懸命説明をきいたり各企業のイベント・クイズラリーに参加したりと熱心で、頼もしく感じました!
1人の小学校高学年くらいの男の子がどこかのメーカーの携帯電話の液晶画面に
食い入るようにみつめていて、社員の男性が子供だましせず、一生懸命技術的な
説明をしているのも非常に感心しました。

土日になると子供連れの家族が多くなるようですが、各ブースも
大人向けの商業的なものだけではなく子供にもわかるような楽しいイベント・ブースまで揃っていて素晴らしい展示だと思います。
家族で「エコ」というものを話し合うきっかけになるでしょう。
来年あたり、うちも息子達を連れて行ってみようかと思っています。

ブースもあらゆる業界から参加されていて、みんなここぞとばかりアピールしてくるので、一日では足りないくらいでした。
いつも気になっている、リサイクルについては、各リサイクル協会が展示をしていたので、とっても興味深かったです。山ほどもらってきた資料をゆっくり読もうと思います。

思ったよりも堅苦しくなく、体験型イベントも多いので週末には是非どうぞ♪

イベントに参加して実感したのは伝えることの重要さ。
ちっぽけな個人ブログだけれど、今日感じたことをできるだけ多くの人に
伝えたい!とそうおもった一日でした。

JUGEMテーマ:環境問題


人気ブログランキング環境ブログランキングの応援お願いします!
| エコプロダクツ展特集 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |